Fan's Music
メールを送信しました

メールに従い、パスワードの再設定を行ってください。

堤晋一
1977年山口県下関市出身。広島修道大学フォークソング部で出会った4人で『Bivattchee(ビバッチェ)』結成、1999年より本格的にライブ活動を開始。2000年SNAIL RAMPの竹村氏率いるインディーズレーベルSchool Bus Recordsより発売されたビバッチェの1stアルバム『青いカラス』が7万枚以上のセールスを記録。2003年ソニーミュージックよりメジャーデビューを果たす。フジロックを初め数々の大型野外フェスにも参加。2004年 1月にリリースされた2ndマキシシングル「桜の花が散る前に/紅茶の恋」は日本全国北から南までFM23局のパワープレイを獲得。2005年にはアニメ『交響詩編エウレカセブン』の第3期オープニングテーマにも抜擢。高橋歩氏とは2005年、沖縄『ビーチロックハウス』にソロ出演した際に意気投合。『本と音楽』という表現を組み合わせた作品を作ろうと計画し、2006年7月に高橋歩氏の作品を堤晋一がCD化したソロ初シングル『イツモ。イツマデモ。』を発売。また2003年から故郷である下関にて仲間達と地元を音楽と夢で盛り上げようと『大巌流ロックフェスティバル』を自ら主宰。2008年には自主レーベル『Indigo Park』を設立する等、多岐に渡る活動を精力的に展開中。

    Discography

    2件のリリース済みアルバム